ニュース&トピックス

平成28年路上故障の実態 

更新日:2017年5月18日 カテゴリ:お知らせ

 

国土交通省より、平成28年度自動車の路上故障について分析結果が出ました。

1位は 「バッテリー」 で31.8% 

過放電や破損劣化 端子部接続不良 液不足

2位は 「タイヤ」   で31.1%

パンク。バースト 空気圧不良

3位は 「オルタネーター」 で5.4%

でした。

 

圧倒的に、バッテリーとタイヤで故障になるということです。

車検と12ヵ月点検は法律で義務付けられていますが、それでは間に合いません。

3か月に一度くらいは、簡単でもよいので車の点検をしたいですね。

路上故障